【フィリピン】ローカルフードの「パンシットカントン」インスタント麺がおいしい!

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

フィリピンのローカルフード「パンシットカントン」(pancit canton)をご存知ですか?

フィリピン人の母から「食べてみる?」と聞かれて、インスタントの袋を持ち帰ってみました(*’ω’*)

インスタント ヌードル−パンチットカントン- カラマンシ味 【Lucky Me!】 / フィリピン料理 ライム インスタントラーメン あす楽

初めて食べてみたら、日本人の口に合いやすい味でしたのでご紹介させてもらいます!

フィリピンハーフとして約30年生きてきたけど、初めて知った…!

ちなみに同じくフィリピンハーフの夫は食べたことあるって…現地ではよく食べられてるとのこと!

パンシットカントン(pancit canton)とは

いわゆる日本でいう焼きそばです。

「パンシット」は麺料理のことをさしていて、「パンシットカントン」は広東麺を使用された麺料理ということ。

 

「パンシットビーフン」という料理もあるのですが、「パンシットビーフン」はビーフンを使用された麺料理です。

 

ちなみに今回いただいた「パンシットカントン・カラマンシーフレーバー」にソースは一切入っていないのですが、醤油と油とは別に、調味料、香辛料、薬味が混ざっているシーズニングにはカラマンシーという酸味が強い柑橘類が入っています。

 

表現するのであれば「柑橘の酸味が強いカップ塩焼きそば」という印象です。

私は柑橘の酸味も、カップの塩焼きそばも好きなので好みの味…!

 

ただし、カロリーも塩分もそれなりですし、具材に栄養があるわけもなく炭水化物…。

食べすぎには注意が必要ですよ!クセになる味です!

おすすめのパンシットカントンのメーカー

モンデ・ニッシン社(Monde Nissin Corporation)が出しているラッキーミー(Lucky me)のパンシットカントンです。

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

現地でもラッキーミーのパンシットカントンがよくスーパーやコンビニに並んでいたり、日本国内でも購入できたりと需要がある印象ですね!

インスタント ヌードル−パンチットカントン- カラマンシ味 【Lucky Me!】 / フィリピン料理 ライム インスタントラーメン あす楽

ラッキーミーのパンシットカントンの作り方

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

手順

鍋に水を入れて火にかけます。

袋を開けて…

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

袋の内容はこんな感じ!

調味料を取り出します。

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

お湯が沸騰したら麺を入れて、3分ぐつぐつ…

麺を熱している間に調味料をお皿に出したいのですが、部屋が寒くて油が固まっていました。

調味料を湯煎します。

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

調味料がほどよく温まったら、食べるためのお皿に調味料を入れていきます。

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

醤油を入れて…

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

油を入れて…

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

シーズニングを入れましょう。

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

調味料全て入れたら混ぜておきます。

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

まぜまぜ…

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

麺が3分ゆであがったらざるに上げます。

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

調味料が入ったお皿にどーーーん!!!

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

混ぜて調味料を全体的にまぶしたら、盛り付けて完成です。

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

実食

先にも述べていたのですが、酸味の強いカップ塩焼きそばです!(笑)

 

スパイシーさとオイリーな仕上がりなので、こってり感が好きな方はきっと好き!

小腹が減った時にはもってこいの商品。

 

酸味が強すぎることもなく、香りが抜けるくらい。

ソース焼きそばでは決してなく、塩と醤油で味付けした中華めんのような食感です!

小学生だったら駄菓子屋さんで買ってたブタメンの代わりに食べたくなっちゃうな、きっと!

フィリピンだと駄菓子のような価格帯!

栄養成分表示

フィリピン ローカルフード パンシットカントン インスタント お土産

ラッキーミーのパンシットカントンの値段

価格は日本では1袋あたり100円から150円くらいで売られています。

フィリピンでは20円から30円あたり…。

 

当たり前と言えば当たり前ですが、やっぱり安い!

現地に行って買いだめしたいと思います…!

何度も言うけど食べすぎ注意ね!!(笑)

さいごに

地元の人には当たり前だけど、実はそんなに知られていないローカルフード。

知ってるのと知らないのとでは違いますよね!

 

フィリピンに行ったときのお土産や、日本にあるフィリピンの食品を取り扱ってるお店などで見かけたら一度お試しあれ…!

味は4種類あって、カラマンシー、レギュラー、スイート&スパイシー、ホット&スパイシーがありますよ。

インスタント ヌードル−パンチットカントン- カラマンシ味 【Lucky Me!】 / フィリピン料理 ライム インスタントラーメン あす楽

2019年のうちに子ども連れてフィリピンに行ければいいな、と思っているのでまたローカルフードの情報を発信しますね!

 

海外旅行ならH.I.S.(エイチ・アイ・エス)が便利!

海外航空券や、海外航空券と合わせて海外ホテルの予約を取ることもできますし、海外ツアーや海外添乗員同行ツアーの情報も見ることができます。

子どもたちが2歳と5歳なのでもう少し大きくなったら、いろんなところに連れて行ってあげようっと!

ではでは〜!

 

ランキングに参加しいています。

よろしければポチッとしていただけると励みになります!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です