【披露宴】動画撮影が苦手でも大丈夫!スマホ1つでムービー作成!

結婚式 ムービー作成 動画 スマホだけ 画像だけ

結婚式の披露宴を盛り上げるために「ムービー」をゲストと一緒に楽しみたい!

事前に準備した「ムービー」は結婚式のさまざまなタイミングで活用することができ、式が終わった後も思い出として残すことができます。

しかし、準備するとなると披露宴で入場する際のオープニングムービーや、新郎新婦の紹介を兼ねたプロフィール、締めくくりのためのエンディングムービーなど…。

ムービーという演出は魅力的だと思っていても準備するのが大変そうな印象です。

個人的に映像を見るのは好きだけど、撮影したり、編集するのは面倒だと感じているので、簡単に作る方法を知りたい!

映像を作るには自作する方法と、制作会社にお任せする方法があるので、それぞれご紹介していきますよ!

どんなムービーを準備するの?

大まかに3種類準備できると披露宴の全体的な流れで楽しむことができます。
ゲストに楽しんでもらうためにも、映像の構成も考えていきたいですね。

オープニングムービー

披露宴開宴前、新郎新婦が入場する前などに上映するためのムービーです。
前撮りしたウェディングフォトや式の準備風景などを入れると、当日を楽しみにしている様子などが伝わります。

  • 結婚式の日付
  • 結婚式場の名前
  • 新郎新婦の名前
  • 来賓の方へのメッセージ
  • カウントダウンして新郎新婦の入場…など

プロフィールムービー

新郎新婦の生い立ちや出会いの紹介のためのムービーです。
自分たちのことをゲストに知ってもらったり、思い出を共有してもらうのに最適です。

  • 新郎プロフィール
  • 新婦プロフィール
  • 誕生から学生時代、社会人としての思い出
  • 二人の出会いから結婚までの道のり
  • 出会いのエピソード
  • 出会ってからのデートや旅行写真
  • 家族にメッセージ…など

エンドロール

結婚披露宴の終わりにゲストやプランナーの方などのお名前を流すムービーです。
映画のエンディングロールのように関わってくださった方の名前が流れるので、抜けがないように注意したいところ。

思い出の写真と共にゲストにメッセージを添えたり、感謝の気持ちも伝えることができます。

  • 結婚式に関わった方の名前
  • 思い出の写真
  • 感謝のメッセージ…など

結婚式のムービーを作成する方法

動画を制作するのであれば自作するか、専門の映像制作会社にお願いする方法があります。
どちらもメリット・デメリットがあるので、事前にカップルで話し合いが必要ですよ!

結婚式のムービーを自作する

自分で作成する場合、動画の撮影や、動画と写真データをつなげるための編集で使用するツールの準備など、それなりに時間が必要になります。

  • 動画や写真データ、BGMの準備
  • 動画編集(テキストを入れたり、データをつなげる)
  • 上映時間の確認

無料ツールや自宅のパソコンで作れるので、コストの面でメリットが感じられます。

しかし、結婚式の準備は他にも招待状や、ウェルカムボード、料理やドリンクを決めたりなど、やることがたくさんあるので、スケジュールをバランスよくおさめたいところ。

友人の結婚式に参加した際に、披露宴でムービーが流れていて感動したのですが、自分で作るとしたら時間がかかって他のことに手が付けられないよなぁ…と感じてしまいました。

時間があって、動画制作が得意だったり、お好きな方に自作をおすすめいたします!

結婚式のムービーを動画制作会社にお願いする

ムービーのための費用が準備できるのであれば、動画制作会社にお任せして完成させることができます。
動画や写真のデータを制作会社の方に送って完成したデータを、披露宴前にDVDなどで配送してくれます。

  • 動画や写真データ準備
  • テキストを考える

早めに前撮りをしていれば、結婚式のイメージにぴったりな写真データが使用できるのもありがたいです。

写真の枚数の指定はありますが、画像を準備するだけで動画を仕上げてくれるので、他の準備に集中して取り組むことができるのがメリットですね。

動画制作会社「ウェディングムービーシュシュ」

今回ご紹介したいのが、スマホひとつで入稿できる制作会社「ウェディングムービーシュシュ(wedding movie chouchou)」さん。
結婚式で上映するウェディングムービーの製作を行なっている会社です。

スマホで撮影した動画や画像が使用できて、スマホ入稿で簡単に動画を作ることができます。
必ずしも動画が必要ということではなく、写真データのみでも制作可能。。

個人的に動画を撮られるのが苦手なので、写真データで良い感じに仕上げてくださるこのサービスはすてき!
オープニング、プロフィール、エンドロールのムービーを3本セットで披露宴を演出することができるので、手間が少なくなります。

セットでお安くなるサービスもあるので、お見積もりしてみるのもおすすめですよ。

2020年新作ムービー「oldies」

デザインがシンプルな「oldies」は2020年より公開された新作ムービー。
どんな写真でも合わせやすく、若い層から年齢高めのゲストまで評判がいいとのこと!

ヴィンテージかつレトロなテイストで、カタカタと映写機の音やスクラッチノイズ、フィルム粒子のザラザラ感などナチュラルな印象ですてきでした。
8mmフィルムの独特な映像表現がお好きな方も気に入るかと思います。

映像内で出てくるヴィンテージカメラやレコードプレーヤー、タイプライターなどのアイテムもかわいらしくて好き。

ヴィンテージでおしゃれなオープニングムービー「oldies」

https://chou-chou.tv/opening/149/
黒板をモチーフにしたウェルカムボードで新郎新婦の名前を入れてスタイリッシュな仕上がりに。

結婚式のコンセプトやメッセージを紹介するオープニングムービーとして上映できます。
オープニングだけでなく、キャンドルサービスが始まる前や、披露宴の告知としても使用できるので、アレンジ次第で印象が変わりますね!

結婚式 ムービー作成 動画 スマホだけ 画像だけ

上映時間:約1分45秒
写真枚数:8枚(写真枚数固定の商品)
販売価格:19,800円(税別)【セット割9800円(税別)】

レトロな感動演出!プロフィールムービー「oldies」

https://chou-chou.tv/profile/147/

写真も動画もレトロに加工されるので統一感が出て、完成度が高い映像に仕上がります。
映像内の3か所に動画を入れることができて、お気に入りの思い出の映像や、改めて撮影して伝えたいメッセージなどを入れるなどオリジナリティを出しても楽しめそう。
(イントロ部分1か所、新郎新婦2人のパート2か所)

結婚式 ムービー作成 動画 スマホだけ 画像だけ

上映時間:約5分~8分(写真枚数による)
写真枚数:新郎/新婦/2人:16~40枚
        ラスト:1枚
         合計:17~41枚 
販売価格:39,800円(税別) 【セット割29,800円(税別)】

有料オプション:
規定を超える写真追加1枚につき 1,500円(税別)
合計最大80枚まで追加可能

【各パートの写真枚数上限】
・新郎:30枚まで
・新婦:30枚まで
・2人:20枚まで
子どもの名前追加1,500円(税別)

感動のクライマックスを描くエンドロール「oldies」

https://chou-chou.tv/ending/148/

映写機のスライドに写真が合成されているのですが、自然な仕上がりなので実際にうつされているように感じられます。ゲストへの感謝のメッセージが伝えられて、印象的な映像でお見送りができそうです。

エンドロールでは、ムービー内のイントロ部分に動画を入れることができます。

結婚式 ムービー作成 動画 スマホだけ 画像だけ

上映時間:約2分30秒~4分30秒(写真枚数による)
写真枚数:ゲスト名部分:12~25枚
        ラスト:1枚
         合計:13~26枚 
販売価格:39,800円(税別) 【セット割29,800円(税別)】

有料オプション:
規定を超える写真追加1枚につき 1,500円(税別)
最大32枚まで追加可能
子どもの名前追加1,500円(税別)

オープニング~エンディングまで注文した場合

ウェディングシュシュで制作できる映像3本、すべて注文した場合の金額がこちら!

コンセプトムービー:19,800円
プロフィールムービー:39,800円
エンディング:39,800円

ムービー合計:99,400円(税別)
セット割:20,000円引き

合計:79,400円(税別)

詳細の確認や、お見積もりはサイトからできますのでのぞいてみてくださいね。
公式サイト:ウェディングムービーシュシュ(wedding movie chouchou)

ムービーの製作期間と割引サービス

ウェディングムービーシュシュではお申込みからお届けまでに約4週間ほどが目安。
商品のお届け予定は、披露宴日の14日前なので、約2か月前のお申し込みが安心。

Web申し込みの期限は披露宴日の22日前までと記載があり、36日前までにお申し込みをしないと特急料金が発生します。
プラスで5,000円かかるので早めにプランを立てたいですね。

ぎりぎりのお申し込みの場合、なんと1週間前でプラス8,000円で制作してくださいます。
詳細はこちら

早割りというサービスもあるので、ぜひとも利用したいところ…!
早割150:披露宴日150日前
早割120:披露宴日120日前
早割85:披露宴日85日前

3,000~5,000円の割引があるので、早めに申し込みできれば少しでも費用が抑えられます!

ウェディングムービーの画質について

ウェディングムービーシュシュでは、3種類の納品メディアの選択肢があります。

  • DVD(標準)
  • Blu-ray(追加2,000円(税別)
  • USBメモリ(追加3,000円(税別)

標準でDVDが選択されているのですが、さらにきれいな映像を求める場合にはBlu-rayやUSBメモリを選択できます。

再生する機械によって映像のうつりが変わってきますので、注文する前に検討したいですね。

画素数:DVD 720×480
Blu-ray/USBメモリ(MP4) 1920×1080

まとめ

披露宴の演出のために使用する「ムービー」の制作方法のご紹介をしてきました!
結婚式の思い出にも残りますし、しっかりと映像作品として残したいところ…。

もちろん自作もいいけれど映像編集が初心者であれば、準備の時間短縮するために製作会社にお任せすると安心感が違うな…という印象でした!

ムービー3本作るためには、約40枚の画像を準備して、入れたいメッセージやお名前をお伝えする。
制作期間も事前に相談できるので「披露宴に間に合わない!」という心配もありません。

料金もわかりやすく、今回ご紹介したテーマのムービーであれば、3本の作品が10万円でもおつりがきます。
お見積もりが簡単にできるのも良心的に感じました!

デメリットは「費用の問題だけでは?」と思うほどなので、お悩みの方は検討してみることをおすすめします!

今回ご紹介させていただいたウェディングムービーシュシュさんはインスタのフォロワー数が1万人を超えている人気の制作会社です。
インスタでは、実際に作品を見ることができます。
Instagram:ウェディングムービーシュシュ

記憶に残る結婚式と共に、一生残したくなるようなムービーが作れますように。
公式サイト:ウェディングムービーシュシュ(wedding movie chouchou)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です