【お台場】屋内型アトラクションの「レゴランド東京」で朝から晩まで楽しむ!

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

レゴブロック大好きな5歳児を連れて「レゴランド東京」に遊びに行ってきました。

わが家の5歳児はおうちで遊ぶことが大好な子どもです。

いつのころからか、休みの日になるたびに「おうちで遊びたい」と言うようになりました。
雨の日や外出予定がない日にはいいんですけどね。

どうしてもこもりがちになるので、外の刺激を求めて家族の思い出を作りたい!

子どもが希望する室内遊びと、大人が希望する外の刺激。
どちらも叶えてくれる施設と出会いました。

暑い日や寒い日、雨の日なんかも気にせず、レゴブロックで遊べる屋内型アトラクションがお台場にあるのです!

「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」(以下、レゴランド東京)には、レゴブロックの楽しさを知る、見る、感じるアトラクションがたくさんあります。

レゴブロックをしっかり楽しみつつも、お食事や休憩タイムでも楽しめる工夫がされています。

5歳の子どもと「レゴランド東京」をまわってみたので実際の写真とともに楽しんでみてくださいね。

おうち大好きな5歳児でも「レゴランドに行くー!!」ととてつもなく積極的になりました(笑)

公式サイト:レゴランド・ディスカバリー・センター東京

紹介が長くなってしまったので、目次から気になるところをタッチすることをおすすめします。
ごゆっくりどうぞ~!

目次

作って楽しむ「レゴランド東京」のアトラクション

レゴブロックの醍醐味でもある「作る」ということ。

説明書をみながら大物を作り上げる楽しさや、オリジナルを生み出して新たな世界観を作り出す楽しさ、大人も子どもも関係なく教えあってコミュニケーションする楽しさ。

「作って楽しむ」だけでもさまざまな側面があるように感じます。

公式サイト:レゴランド・ディスカバリー・センター東京

2~5歳の子どもが楽しめる「デュプロビレッジ」

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

デュプロビレッジには、通常の小ぶりなレゴブロックよりも少し大きめなデュプロブロックがたくさん置かれています。

1歳半から5歳までを対象として考えられたブロックなので、細かい作業をするというより「まずは形を作ってみよう!」という最初のチャレンジがしやすい場所となっています。
難しいことを考えずに組み立てられると楽しめますよね。

デュプロブロックは、わが家の2歳児が好んで遊んでいるのですが、おうちを作ったり、動物を組み立てたり楽しそうにしています。

ジャンボサイズのソフトブロックも置かれていて、レゴランドだけのオリジナルで制作されているそうです。

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

レゴブロックでおうちが作れるほどのサイズ感なので、大人も子どもも一緒になっていじりたくなります。

滑り台もあるので、ちょっと体を動かしたいというときにもうってつけです。

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

みんなで街を作れる「シティビルダー」

レゴで作られた街が並んでいるコーナーがあります。

街の建物の中には生活空間が広がっていたり、ヘリコプターなどが作られているのですが、そこにオリジナルで作ったものが並べられます。

レゴランド東京の施設の奥に位置しています。
レゴで作られた街のまわりにはベンチが設置してあるので大人の方が休憩するのに適している空間です。

速さを競う!「レゴレーサー:ビルド&テストゾーン」

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

車を好きなカスタマイズをして、走らせることができます。

わが家の5歳児は、オリジナルのものを作ったり、先に遊んでいた子が作って置いていったものをもとに作っていました。

スポーツカーやトラックなど、作れる幅が広いので発想が自由です!
完成したらテストトラックでタイムを計ることができます。

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

100分の1秒精度の本格的なストップウォッチを使用しているそうです。

誰かと競争するのも楽しかったようで車を作るたびに走らせていました。
その場で子供たちが作った車を持ち寄ってくる姿が見れて、とてつもなくほほえましかったです(笑)

ときおりズルをして勝とうとする子もいるのですが、それはそれで子どもらしくてかわいい。

レゴ職人の技を知る「クリエイティブワークショップ」

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

レゴブロックのスゴ技を知ることができるレゴ教室です!
レゴ職人のマスター・ビルダーやレゴランドのスタッフの方と作品を作ることができます。

レゴランド東京 お台場 レゴニンジャ 夏祭り 夏休み イベント こども連れ 親子
笑顔がすてきなレゴ職人マスター・モデル・ビルダーのふみあきさん

夏祭りのイベントの際に、オリジナルのドラゴンを作るワークショップに参加しました。
基礎のドラゴンの骨組みを作ってからは、みんなそれぞれカラフルなレゴブロックのパーツをつけていきます。
思い描いているものがみんな違うので見ていて面白いですし、「こんな組み立て方があるんだ!」という新しい発見ができたりします。

さくさく組み立てられる5歳児の感覚的な動きにも感動…!

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

不定期に英語クラスも実施しているそうなので、 ご興味がある方はスタッフに質問してみてくださいね。

いろんな恐竜に出会える「ダイノ・エクスプローラー〜探検!恐竜王国!〜」

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

恐竜王国を再現されたレゴの世界が魅力的。
作業する台には恐竜の作り方がいくつか書いてあるので、子どものペースで作ることが可能です。

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

オリジナルのレゴ作品を作ったら恐竜王国に入り込んで、一緒に撮影できます。
記念撮影スポットには宝物やレゴで作られたティラノサウルスの顔がドーーンッと置かれています。

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

見て楽しむ「レゴランド東京」のアトラクション

頭と手元を使って疲れたら「見て楽しむ」選択肢があります。

レゴランド東京の施設に入ったらすぐのアトラクションが多いので、「改めて見てみようか!」と戻ってみると最初に見たときと違った視点がうまれてくるようで、目が輝いていました。

公式サイト:レゴランド・ディスカバリー・センター東京

「レゴファクトリー」でレゴブロックが作られる工程を知る

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー
ブロックの原料を一生懸命、上に運ぶ5歳児の図。

材料であるプラスチックがどうやってレゴブロックの形になるのかが学べる空間です。
材料を混ぜる、とかす、ブロックの形にする、着色する工程を知ることができますよ。

自分の体重や身長のレゴブロックの量が知ることができるので、目に見える面白さも感じられます。

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー
「キミの体重はブロックでどれくらい?」と書かれています。

もちろん子どもだけでなく、大人もはかれるのですよ!
私は人が少ないときにこっそり乗りました…(笑)

レゴブロックで作られた東京の名所「ミニランド」

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー
言わずも知れた東京タワー。

東京の名所を167万個以上のレゴブロックを使って再現されたジオラマです。
東京タワーやスカイツリー、浅草寺もレゴブロックで作られています。

昼と夜の表現がわかれていて、夜景になると街並みに明かりがともったり、花火が上がったりするので見ていて癒されます。

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー
夜景がステキなんですよ。

ブロックなのに…もとは小さいパーツなのに…とちょっぴり悔しい気持ちにまでさせてくれます(笑)

5歳児は建物よりも断然ゴジラに大興奮でした!

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

3Dメガネをかけて体験型の映像を楽しむ!「4Dシネマ」

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

映像が飛び出して見える3Dメガネを持って、映画館に入っていきます。
風が吹いたり、雨が降ったり、雷が鳴ったり、雪が降ったり…盛りだくさんの演出!

比較的真ん中寄りの席がおすすめです。

端に座ったのですが、私のところは雨量が足らなくて…
ひとつ真ん中寄りの席に座っていた5歳児の方に、身を乗り出して一緒にキャーキャー楽しみました(笑)

6歳以下のお子様には保護者の付き添いが必要ですのでご注意くださいね。
定員100名、約12分の上演時間です。

感じて楽しむ「レゴランド東京」のアトラクション

体験型のアトラクションも用意されています。

視界から刺激を受けつつも身体も一緒に動かす…
子どもの成長が見て取れるので大人も楽しめます。

公式サイト:レゴランド・ディスカバリー・センター東京

敵をやっつけてプリンセスを助ける「キングダム・クエスト」

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー
入り口が薄暗い「キングダム・クエスト」

乗り物に乗って銃を持ち、悪者を倒していくシューティングゲームです。
王国を守る騎士になるために、強力な戦車に乗り込み、ガイコツ戦士やモンスターと戦って、捕らえられたプリンセスを救い出すストーリーです。

敵を倒すと得点が増えるので、最後の点数を競争するのも楽しめますよ!

自力歩行ができない乳幼児は乗れないので、2歳ごろからがおすすめです。

ガイコツやモンスターが出てくるので苦手な子は怖がっちゃうかもしれません。わが家の5歳児は喜々として敵を倒しています!心強い(笑)

130cm以下のお子様は保護者の付き添いが必要です。
付添い1名の場合、130cm以下のお子様は2名まで乗ることができます。
定員1台5名、所要時間は約4分です。

忍者になるための修行をする!「レゴニンジャゴーシティ アドベンチャー」

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

レゴニンジャゴーがテーマになっている体験型アトラクションです。
「最強の忍者」を目指すためにニンジャ道場で体をたっぷりと動かすことができます。

わが家の5歳児はとても気に入っていて、他のアトラクションでじっくりとレゴブロックを作っては、忍者修行を積んで体のコリを発散していました(笑)

レーザー光線を避けて通る道や、壁がクルッと回る仕様になっていたり、ボールプールのような空間もありました。

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー
敵にボールを当てる的当てもあります。

飛んだり跳ねたりできる場所なので、ブロックを作ることに疲れてきたら体を動かす場所として使用できると丸一日レゴランドで遊べますよ(笑)

「レゴニンジャゴー シティアドベンチャー」にも レゴブロックを組み立てられるコーナーもあるので、作って動いて、作って動いて…というサイクルがその場で可能です!
きっと帰れなくなります…(笑)

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

靴箱が設置してあるので、靴を脱いでから遊ぶコーナーになっています。
メガネやひもの付いたお洋服で遊ぶことができないので注意が必要です。

身長148cm以下の方が使用できます。
スタッフの指示のもとで149cm以上の保護者の方なども使用できるそうです。

アトラクション内は飲食禁止なので、休憩はカフェテリアでしましょ〜!

魔法の部屋で空を飛ぶ!「マーリン・アプレンティス」

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

魔法使いマーリンの、魔法の部屋が舞台になっています。
くるくるとまわる乗り物に乗ってペダルをたくさんこぐと、空高く舞い上がります。

子どもも大人も一生懸命ペダルをこぐので協力して楽しめますよ!

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー
ベルトでしっかり固定して出発!


2人乗りの乗り物なのですが、大人同士では乗ることができません。
身長90㎝以上が対象で、90㎝~120㎝のお子さまは18歳以上の保護者の付き添いが必要です。

休んで楽しむ「レゴランド東京」のカフェテリアとショップ

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー
レゴ®プレート 1.100円

たっぷりレゴブロックで遊んだり、体を使って動いた後は休憩も必要ですよね。
カフェテリアではランチやおやつ、コーヒーブレイクなどにも適しています。

公式サイト:レゴランド・ディスカバリー・センター東京

こだわりのメニューがたくさん!「カフェテリア」

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

テーブル席に座ってゆったり過ごせる空間があります。
冷たいジュースやあたたかいコーヒー、サンドイッチやおにぎりなども置いてあるので、しっかりとご飯を食べてから遊ぶことができます。

小麦・乳・卵などのアレルギーを持つお子様でもおにぎりやゼリーの取り扱いがありましたので、選択肢があるように感じます。
(ご購入の際にはしっかりと成分表をご確認の上、スタッフの方にも質問してみてくださいね。)

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

元気いっぱいですぐに遊びたがる子どもも楽しめるように、すぐ近くにレゴブロックで遊べるエリアが用意されています。
大人は飲み物を楽しみつつ、ゆっくりできる空間があるのは嬉しいですよね。

レゴランド東京 お台場 レゴニンジャ 夏祭り 夏休み イベント こども連れ 親子
レゴ®チョコドリンク 400円

遊び終わった後は「レゴランド・ディスカバリー・センターショップ」でお買い物

レゴランド東京 お台場 レゴニンジャ 夏祭り 夏休み イベント こども連れ 親子

400種類以上のレゴ商品が販売されています。
年間パスポートを持っている方は、20%OFFになる割引特典があるのでお得に購入することができます。
レゴランド東京の施設のチケットがなくてもショップは利用できるので、買いそびれがあっても後日購入することもできますよ。

レゴランド東京の施設の出口からショップに直結しています。
ショップだけをご利用の場合は、デックス東京ビーチのアイランドモール6階に向かうとショップに入ることができます。

営業時間: 平日11:00~20:00
土日祝11:00~21:00

レゴランド東京の入口横にも「レゴランド・ディスカバリー・センター ミニショップ」があります。

デックス東京ビーチのアイランドモール3階、レゴランド・ディスカバリーセンター東京エントランス横にあるので、入場前にのぞいてみるのも楽しめますね。
営業時間は不定休となっています。 

自分が持ってるミニフィグとスタッフのミニフィグを交換!「ミニフィグトレード」

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

レゴランドにいるスタッフのネームプレートには、人型のレゴブロックである「ミニフィグ」がついています。

自分が持っているミニフィグと、スタッフの方が持っているミニフィグを交換することができるので、ネームプレートのところをジッとみているとお気に入りと出会うかもしれません。

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

「交換してもいいな」と思えるミニフィグがあれば、バッグに潜ませておくとスムーズにトレードすることができますよ。

レゴランド東京までのアクセス

〒135-0091

東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチアイランドモール3階・6〜7階

お台場 レゴランド東京 おでかけ 子供連れ 屋内型 レジャー

ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅から徒歩2分。

りんかい線「東京テレポート」駅から徒歩5分。

車でお越しの場合はデックス東京ビーチの駐車場が利用できます。

レゴランド東京の営業時間

  平日 土日祝
営業時間 10:00~20:00 10:00~21:00
最終入場 18:00 19:00
ショップ 11:00~20:00 11:00~21:00

定休日は不定休。

デックス東京ビーチの休館日に準じます。

予告なく営業時間・受付時間が変更になることもございますので、レゴランド・ディスカバリー・センター東京のサイトを確認していただくと安心です!

公式サイト:レゴランド・ディスカバリー・センター東京

レゴランド東京の入場料金

3歳以上は一律料金(2歳以下無料)
大人(16歳以上)のみ、子ども(15歳以下)のみの入場はできませんのでご注意くださいね。

窓口料金:2名以上2.400円/人
前売り料金:2名以上1.700円/人~

公式サイト:レゴランド・ディスカバリー・センター東京

さいごに

レゴランド東京 お台場 レゴニンジャ 夏祭り 夏休み イベント こども連れ 親子

レゴランド東京の魅力的なさまざまなアトラクションのご紹介をしてきました。

昼頃から入場して、アトラクションすべて参加して遊んだのですが、子ども自身はまだまだ遊び足りない様子でした(笑)

大人も参加して遊べるものが多いですし、休憩するエリアでは居心地がいいですし…完全に帰りそびれます!

これは年間パスポートを買うしかないのでは…?と思いつつ、またレゴランド東京に遊びに行く予定を立てています。

次はハロウィンイベントに参加してきますよ〜!

ではでは〜!

公式サイト:レゴランド・ディスカバリー・センター東京

 

夏のイベントも楽しかったですよ!

【レゴランド東京】家族で楽しめる!「レゴ®ニンジャゴー夏祭り」開催!」も読んでみてくださいね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です